B1F
食品
2022.06.30

食で旅する北海道 ~福田農園~

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

食で旅する北海道 ~福田農園~

こんにちわ!

2022年夏は、食で旅する北海道の道南編です。

 

七飯町「福田農園」王金のたもぎ

 

今や全国的に有名になっている「王様のしいたけ」の生産されている、七飯町の福田農園さん。

やはり、道南特殊といえば、絶対に欠かせない存在のため、道南出張中に、七飯町の福田農園さんを

ノーアポイントで訪ねてみた(笑)

(以前より面識も取引もある関係のため、ノーアポ突撃!!)

 

いたーーーーー!!

やはり、大変気さくな方で、ノーアポにも関わらず、どうぞどうぞと自身の「しいたけ&きのこラボ」で

お話を聞くことができました。

 

(笑顔いっぱいの)農業法人有限会社福田農園 代表 福田将仁さん

画像画像

 

すでにご存知であり、私のようにその美味しさに虜になっている方もたくさんいらっしゃるかとは思いますが、改めて福田農園「王様のしいたけ」について簡単にご紹介いたします。

今や福田農園の王様のしいたけは、しいたけの全国品評会で最高賞の「ゴールデンサンマッシュ賞」を受賞されたり、林野長官賞も3年連続受賞など、輝かしい栄誉とともに、消費者から圧倒的に美味しい!との支持の声が多く、名実ともにまさに”王様のしいたけ”に君臨しています。

しかし、そうなるまでには、長い苦労の年月がありました。

最初の頃の市場の反応は、大きすぎる=規格外とされ、どんなに美味しくても流通に乗ることはなく、評価されませんでした。

それでも、信念を貫き、10年もの間、信じて市場に出し続けました。

しいたけを誰よりも深く学ぼうとする研究心、美味しさへの追求、そんな信念が今、様々なところからの引き合いの声が絶えない成功の根幹だと福田さんは語ります。

 

王様のしいたけの菌床栽培施設と王様のしいたけ

画像画像

 

 

今なお、飽くなき探究心をもって、しいたけについて、きのこについて、菌床栽培について研究に研究を重ねています。

 

ここは大学の研究室かと思うような書類の数々と研究用ラボ。通称:福田研究所

画像

画像画像

 

 

福田さんの探究心(研究心)を改めて感じたところで、

今回の大丸札幌店での道南特集の出品は、王様のしいたけが、生での流通が不可能な時期であるので、

一旦、秋までお預けとし、王様のしいたけと同等に福田さんが力を入れている「たもぎたけ」に決定!

商品名を「王金のたもぎ」という。

 

王金のたもぎは、噛めば噛むほどうま味が高いきのこです。

天ぷらなんて最高ですし、非常に良いお出汁がでるので、みそ汁なんかも最高です!

 

まさに「王金に輝く福田さんとたもぎ」

 

画像画像

 

 

・福田農園 王金のたもぎ(1パック)税込299円

 

食で旅する北海道~道南編~

B1青果物売場「フレッシュワン」にて販売中

 

是非、ご賞味くださいませーーー!!

ショップ情報

ショップ名

生鮮売場

フロア
B1F
カテゴリー
食品

RECOMMEND BLOG