8F
アクセサリー・宝石・時計
2021.11.11

★MODERN CLASSICAL FAIR★開催中です!

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

★MODERN CLASSICAL FAIR★開催中です!

みなさまこんにちは!

8F SPECSオグラ眼鏡店です。

いつもご覧いただき

ありがとうございます。

 

***

 

 **EYEVAN**

MODERN CLASSICAL FAIR

2021.11.3(水・祝) ~ 11.28(日)

8Fにて開催中です!

 

画像

 

***

 

【着るメガネ】

 

このEYEVANのキャッチコピーは、

眼鏡をファッションの一部として

位置付けただけではなく

着替える楽しみまで表現しています。

 

そのコンセプトのルーツ

EYEVANの歴史を簡単に

振り返ってみましょう

 

↓↓↓↓↓

 

< 1972

【医療器具をファッションに変える改革が始まる】

 

それまで【メガネ】といえば

「視力矯正」を目的とした「道具」

という認識だった。

 

 

”シーズンごとの新作発表展示会”

店頭の”オープンディスプレイ”などは

現在の販売スタイルの魁(さきがけ)となる。

 

 

< 1977

【ボストンとウェリントンが学生の定番に】

 

当時の山本哲司社長が

”学生メガネ”を視察、セルフレームに注力。

 

日本人の顔の骨格に合うフレーム幅や

ストレスの少ない軽さを追及。

「ボストン」

「ウェリントン」

は山本氏が名付け親!

 

 

 

また、当時の学生が飛びつくアイテムを

ノベルティにしたのも若者を引き付けた一因。

 

!さてここで問題です!(^^)!

Q1.<当時の学生が飛びつくアイテム>

とは何だったでしょう?

→本文最後に答えがあります★

 

 

< 1982

【アイビーを卒業した本物志向の紳士へ】

 

次なるターゲットは”大人の為のメガネ”

 

山本氏は英国のジェントルマンにフォーカス

ブリティッシュ・トラッドを学ぶべく

現地取材を重ねる。

 

素材からパーツに至るまで

妥協なしのハンドメイド・

緻密なモノづくりは

多くの大人に支持された。

 

 

 

< 1985

【世界に認められた上質な鯖江ハンドメイド】

 

当時のアメリカは市場規模の割に

「メーカー不在状態」だったため、

トラッドの聖地に商機を見出すための

渡米だった。

 

そして、アイウェア展示会において

オリバーピープルズのラリー・レイトと

衝撃的な出会いを果たす。

 

以後、30年の長きにわたり

強力なタッグを組んできた。

 

日本の鯖江で作られたメガネは

オリバーピープルズがハリウッドに売り込み

セレブが着用

 

 

 

ビッグシェイプの鼈甲柄サングラス

世界的なヒットを飛ばすなど

世界的なブランドへと成長を遂げた。

 

画像

 

*****

 

歴史ある【EYEVAN】・・・

ザっと振り返ってみても

常に進化を遂げてきたブランド

といえるでしょう。

 

この機会に

是非ご自身のメガネに

してみませんか?

 

*****

 

<本文中【Q1】の答>

実際のノベルティでは

・時計

・デスクランプ

・スピーカー入りの枕

・ウインドブレーカー

・デッキチェア

・カセットケース

...がありました。

アメリカの大学生協で販売していそうな

多種多様なグッズが

毎シーズン登場していました。

 

最後までご覧頂き

ありがとうございました。

 

*****

 


 

 

8階 SPECS〈オグラ眼鏡店〉

TEL:03-6895-2640 (直通)

 

過去のブログはこちら

ショップ情報

ショップ名

スペックス (メガネ)

フロア
8F
TEL
03-6895-2640(直通)
カテゴリー
アクセサリー・宝石・時計

RECOMMEND BLOG