2020.09.12

【第98回世界の酒とチーズフェスティバル】ベリータ〈ドメーヌ・コルディエ〉

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

【第98回世界の酒とチーズフェスティバル】ベリータ〈ドメーヌ・コルディエ〉

コルディエのワイン造りの歴史と飽くなき探究心

〈ドメーヌ・コルディエ〉


 

 ドメーヌ・コルディエの歴史は、1940年ギュスターヴ・コルディエによって始まりました。1971年にロジェ・コルディエが引き継ぎ、1989年にドメーヌでの元詰めを開始しました。1987年にロジェの息子クリストフも運営に参加しはじめました。

 

 クリストフは1987年までダバイエにある醸造学校で学びましたが、彼はそこで学んだ栽培と醸造とは別のやり方、自分自身のやり方でブドウ栽培と醸造を始めました。

 まずトレスという樹液が左右均等に行き渡る新しい剪定を導入し、徹底した剪定とグリーンハーヴェスト(*1)により低収量を行い、驚くほど濃密な果実味を実現しました。

 さらに、彼はドメーヌの全ての栽培と収穫を変更しました。2002年には一部の畑でビオデナミ(*2)の採用を始め、今では殆どのドメーヌの畑をビオデナミに転換しました。2013年にクリストフがドメーヌを引き継いだ今でも厳しい農法による収穫を続け、ワイン造りの研究を行っています。

 

*1収量を減少させる目的のために、果房を未熟な状態で収穫すること(間引き)

*2有機農法・自然農法の一種

 

画像

クリストフ・コルディエ氏

 

クリストフ・コルディエ氏について


 クリストフのその人柄は大変実直で誠実かつ努力家です。彼は仕事の70%を畑仕事に使用人と一緒に費やし、例えば朝の3時にはトラクターに乗り畑作業をしています。早朝の冬は非常に寒いので土が凍ってトラクターが土壌を傷めないそうです。そしてカーヴ(ワイン貯蔵庫)においては、一日10時間以上を醸造と熟成のため彼のワインと共に過ごしています。

 

画像

クリストフ・コルディエ氏愛用のDIAM社オリジナルダウンベスト。

DIAM社とは今大注目されているコルクメーカーで、そのコルクは使い切った正常なコルクを粉砕し徹底的に洗浄して蜂の巣のエキスで固めた画期的ものです。このコルクはルフレーヴ、ポンソ、コントラフォンなど名だたるドメーヌが採用しています。コルクの目の細かさで型番が分かれており、瓶詰め時のワインの状態、これからどう熟成していってほしいか、あらゆる条件を仮定しコルクを決めるといわれています。

 

第98回おすすめの商品


 

 

画像

〈ドメーヌ・コルディエ〉    

プイィ・フュイッセ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2018年 白・辛口

容量 750ml

税込4,950円

 

 平均樹齢60年を超えるブドウを使用。上品なオークの香りとリッチで粘り気を感じさせる上品な凝縮味と秀逸な余韻の長さを誇ります。4区画の上質なブドウをブレンドした、まさにコルディエの真骨頂!名だたるブルゴーニュの白ワインにも負けないほどの上質な味わいは感動ものです。(プイィ・フュイッセ)

 

 

画像

マコン・オー・ボワ・ダリエ 2018年 白・辛口

容量 750ml

税込2,970円

 

 

 


※お車を運転されるお客様の飲酒はご遠慮下さい。また、20歳未満の方の飲酒は法律で禁じられています。
 

 

アーカイブ【第98回世界の酒とチーズフェスティバル~ワインでつながる世界の環~】

ショップ情報

ショップ名

催事 TOPICS/食品

フロア
11F
カテゴリー
食品

RECOMMEND BLOG