instagram twitter line

5F

その他

michi kake

2021.10.16

綺麗を創り上げていこう

綺麗を創り上げていこう

 

 

「きれいなおねえさんは好きですか?」

 

このフレーズにドキッとした世代のみなさん。

懐かしいですよね。

 

今から20年ほど前、15年以上続いた某家電メーカーのキャッチコピーで、当時の認知率は9割を超えたそうです。

(※キャンペーン開始翌年の1993年から2005年まで毎年某家電メーカーが実施したキャッチフレーズ認知率調査より)

 

 

画像

 

 

彼氏と会うおねえさんの、いつもと違う一面を見た弟が、こっそりと「きれいになったね」と言うからこそ、この広告にリアリティーを感じたのではないでしょうか。

 

 

 

「恋をすると女性は綺麗になるのですか」

 

画像

 


女性ホルモンセミナーをしているとこんな質問をよく受けます。


残念ながら医学的な根拠はありません。


しかし、「誰かに見られている」事を意識し続けることで「綺麗を創り上げていく」ことができるのではないかと私は思います。

 


なぜならば・・・

毎日鏡をみる

髪やお肌の手入れをする

これらを繰り返していくと

もっと「ハリ」が欲しい「艶」が欲しいと思う

その結果

食事や睡眠にも気を付ける

 


このように毎日自分と向き合ってすごしていくことで、些細な変化に気がつき、メンテナンスを行っていくうちに、自然と綺麗が創り上げられるのではないでしょうか。

 

 

 

「感情の変化は体の変化に繋がる」

 

画像

 

 

漢方薬の基本的な考え方である「中医学」では、感情の変化は体の変化に繋がると考えられています。

例えば強い怒りで頭痛がしたり、思い悩んで食欲が落ちたり、といった経験を皆さんにもありませんか?


また中医学では、肌の状態を安定させるために必要なことは

 

「養神(ようしん)※」(精神を養う)

「養形(ようけい)※」(臓器や肌など形のあるものを養う)と考えます。

 

※中国古来の書物「荘子」に養生(ようじょう)の秘訣は自然にしたがう事だと説かれています。
正しい養生とは、養神と養形の両面が大切であると書かれています 。

 


つまり、気持ちをリラックスさせ、プラス思考で明るく過ごすことが、健やかな肌を保つと言われています。

 

 

 

 

肌に影響を及ぼす 2つのホルモンについて

 

画像

 

 

また女性の体をコントロールする2つのホルモン、「エストロゲン」と「プロゲステロン」、のバランスは肌に影響を及ぼします。

 


エストロゲンの働き

皮下脂肪をたくわえ、丸みをおびた女性らしい体つきにします。皮膚のハリや弾力を保ち、髪の毛の成長も促します。また皮膚のきめを細かくし、角質バリア機能改善、コラーゲンを増やし保湿成分も保ちます。よってエストロゲンの分泌が盛んな時期の女性は最も美しい期間と言われています。

 


プロゲステロンの働き

皮脂の分泌を促進するため、皮脂でベタベタしやすく、敏感肌・にきびができやすくなります。

 


エストロゲンと皮膚の関係

皮膚にはエストロゲン受容体(化学物質や外部環境の変動などの信号を受け取り、感知するところ)が存在すると確認されています。

皮膚に対して角質細胞の表面積を最適な状態にし、皮膚の厚さ・しわ・保湿に関与し、加齢に伴う皮膚の変化を予防する効果もあると言われています。

しかし加齢やストレスによるエストロゲンの減少は、肌の乾燥、皮膚のかゆみを生じやすくします。

 


更年期に入ると感じられる変化について

また更年期に入ると急激にエストロゲン分泌が減少するため、皮膚の乾燥・皮膚の萎縮・皮膚の強度や弾力性の低下・腋毛・恥毛の減少・剛毛から軟毛への変化を感じやすくなるのです。


肌の変化は目に見える変化であるため、鏡を見るたびに喪失感を感じる方がとても多いのも特徴です。

 

 

 

 

では、歳を重ねていくと女性は綺麗では無くなるのでしょうか?

 

画像



答えは「NO」

 

 

私は薬局で多くの患者様に出会ってきました。

その中で「また会いたいな」と思う女性は、いつも年配の女性です。


かつて私は⼤病院前にある調剤薬局で働いていました。


そこには1⽇200〜300⼈の、さまざまな疾患を抱える⼈が来られました。

その中に末期のがんで闘病中の、余命も長くないのですが、とても美しい⽅がいらっしゃいました。


ある日、なぜそう感じるのだろうと考えると、常に⼈に対して感謝する気持ちをお持ちでした。


それもお愛想で言っているのでなく、心からにじみ出ているのです。


その患者様にお薬をお渡ししていた私は、自然と涙がこみ上げ「お話聞かせていただきありがとうございます。」と言うのが精いっぱいでした。

 

若い頃は、若さで美しさをキープできますが、歳を重ねていくと、その⼈の⽣き⽅や⼼意気がその人を創り上げているといつも感じます。

 

 

 


「あなたにとってきれいなおねえさんは誰ですか?」

 

画像

 

 

「あんな風になりたいな」と感じる人生の先輩方をいつも思い浮かべてみませんか?

 


「こういうふうに年を重ねたい」という皆さんの人生の指針になる存在となるでしょう


芸能人でも親戚の人でも誰でもいいと思います。


少し先を⾏く、すてきな⼈⽣の先輩がいることは、美しく強く生きていく上で、とても大切な⼒になるでしょう。


年齢とともに衰え、失われていくものはあります。

仕事でも負う責任は⼤きくなって、⼤変です。


しかし、自分の身に降り注ぐ全てを「楽しむ」余裕があれば、昨日より成長できると思います。

いくつになっても成長し続けるなんて素敵なことだと思いませんか?

 


「⽣き⽅や考え⽅次第で、顔つきは変えられる」


これは多くの患者様や講演会に来られた皆さんから教えていただきました。


だから皆さん

 一緒に 「綺麗を創り上げていきましょう!」

 

 

 

 

画像

 

プロフィール:

岡下 真弓(おかした まゆみ)

フリーランス薬剤師・女性美ディレクター


大学卒業後、化粧品の研究員として女性の肌・薬品・女性ホルモンの研究をしていた時、「女性は生涯を通してホルモンと付き合っていかなければならない」ことを実感しました。女性ホルモンのバランスを整えることで、心も体も安定し、家庭や職場でもその人の能力や特性が最大限に発揮されることを知りました。

同時にホルモンバランスの乱れは、うつ症状、やる気の低下、気分のムラなどを引き起こし、女性が能力を発揮するのを妨げるのだということも感じました。


その後、薬剤師として多くの患者様と会話をしていく中で、病気や不調を抱え薬が必要になる前に、事前のケアが必要だと強く感じ、フリーランスになる。以降、医療よりも気軽にアプローチできるアロマを通じ、セミナー・講座などで女性ホルモンの啓発活動を続けています。


HP:biyou-do.jp

Instagram:https://www.instagram.com/biyou_do/

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

月のみちかけのように、あなたのリズムに寄り添う。

 

ミチカケ公式サイトはこちら

ミチカケ公式インスタグラムもチェック♪

@michi_kake

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

shop information

recommend blog

ONLINE STORE
l;