11F
アクセサリー・宝石・時計
2022.07.07

いよいよ! KING SEIKO DEBUT!! 2022年7月8日(金)

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

いよいよ! KING SEIKO DEBUT!! 2022年7月8日(金)

KING SEIKO DEBUT

2022/07/08(FRI)

 

右上 SDKS001 オリジナルシルバー

左上 SDKS003 ソリッドシルバー

右下 SDKS009 “臥龍梅”レッド

真中 SDKS007 リッチブラウン

左下 SDKS005 チャコールグレー

 

¥198,000-(税込)

 

メカニカル 自動巻(手巻つき)

精度 日差+25秒~-15秒

最大巻上時 約70時間持続

ケースサイズ 37.0mm

防水 日常生活用強化防水(10気圧)

 

『キングセイコー』復活!!

国産機械式時計史に刻まれた金字塔が、60年余の時を経て現代に蘇る。

 

画像

 

国産高級腕時計としての新たな在り方を示し、時代をリードした<キングセイコー>

 

1950年代後半、セイコーは国産腕時計の新時代を切りひらくべく、腕時計に求められる性能を見つめ直し、ムーブメントの設計やデザインに独自の思想を宿す画期的なモデルを次々に発売しました。その代表格が1960年に誕生した国産腕時計の最高峰<グランドセイコー>であり、翌1961年に誕生した〈キングセイコー〉です。<キングセイコー>は高級腕時計としての性能と先進的なデザイン、そして適正な価格の共存を実現し、高級腕時計としての新たな在り方を提示し、<グランドセイコー>とともにその後の国産機械式腕時計の進化を牽引しました。

 

画像

時代を超えて評価される、キングセイコー“KSK”からインスパイアされた現代デザイン

 

1965年に発売された2代目キングセイコー“KSK”

ブランド復活にあたり、開発の土台として採用した“KSK”と呼ばれる2代目キングセイコーは、1961年に発売された初代モデルには無かった防水性能や、秒針を止めて時刻合わせができる秒針規制装置を備え、実用的な進化が高く評価されました。無駄のないダイヤルレイアウト、エッジを際立たせたシャープなケーススタイリングやボックス型のガラス形状など、キングセイコーデザインのオリジナリティを確立したモデルともいえます。

 

画像

 

Case

大胆な多面カットが施されたケースは鏡面仕上げとヘアライン仕上げを組み合わせることで、シャープな質感を表現しました。

 

画像

 

Index & Hands

鋭い輝きを放つ多面カットを施した立体的なインデックスと、堂々とした太く長い針も健在で優れた視認性を確保しています。

12時位置に植えられたインデックスは、”KSK”から受け継いだユニークな形状で、天面に施されたライターカットのきらめきが“KSK”特有の個性を際立たせています。

 

画像

 

New King Seiko emblem

キングセイコーの「盾」をモチーフとしたブランドマークも、時計と共に復活を果たしました。当時のアイコニックなシルエットを継承しつつも、よりフラットに、モダンに刷新され、りゅうずと裏ぶたに刻まれています。

 

 

 

画像

 

Strap

1960年代のキングセイコーをオマージュしたフラットな多列ブレスレットを新たに開発。ケース同様、鏡面とヘアラインに仕上げ分けした多面構成の形状は、快適な装着感と共にダイナミックな光の躍動を生み出します。

 

ショップ情報

ショップ名

時計売場

フロア
11F
カテゴリー
アクセサリー・宝石・時計

RECOMMEND BLOG