2021.10.05

”モトカサバッグ”読売テレビ「#ほんわかテレビ」で紹介されました!

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

”モトカサバッグ”読売テレビ「#ほんわかテレビ」で紹介されました!

■9/11(金)読売テレビ19:00〜「ほんわかテレビ」にて、

大丸梅田店で販売されている「モトカサのバッグ」が紹介されました。

(放映内容)

丈夫で濡れても安心!捨てられた???が素敵なバッグや帽子に!

 

◎実は、これ、意外なものを再利用して作ったんです!

画像

◆武田訓佳さん(左)

「これ意外にしっかりしてますし、明るくていい感じのカバンですよ。」

画像

↑廃棄傘の予定だった傘の生地を使った作られた

「モトカサババッグ」右・「サコッシュ」左

◎このバッグを手がけたのは、南青山にお店を構える「(株)モンドデザイン」というアパレル会社。

大容量のトートバッグ税込16,940円や、ちょっとしたおでかけの便利なサコッシュ。税込9,680円

さらには帽子まで。

様々なアイテムを生み出しているのですが、

なぜか、10年後にはなくなってほしいという思いが込められているんです。

 

◎それでは、ここでクイズ。もともとはなんだったでしょうか。

・・・・

◎完成品から逆に見ていくと、

・バッグに使われる素材を何枚を重ねてプレスして、強度の高いビニールを作ります。

その前を見ると

・見覚えのあるアレををはさみでカットしています。

その正体は・・・?

廃棄されるはずの傘できています。

 

正体は、捨てられるビニール傘! 

日本ではおよそ年間8,000本のビニール傘が廃棄されていて、

分解するのに手間がかかるので、リサイクルするのには難しいと言われています。

そんな現状を打破するために、ビニール傘のバッグを開発しました。

ちなみに、傘の種類によって模様が違うので、オンリーワンアイテム。

汚れが気になれば、じゃぶじゃぶ洗えます。衛生面もバッチリ。

画像

★コンセプトの「10年後になくなるブランド」とは、

「商品を作れないほど、廃棄されるビニール傘がなくなってほしい」という思いなのです。

 

(以上)

 

*広報より一言*

2021年6月に登場した<motokasa>プロジェクトによる、モトカサバッグです。

1階の東側、婦人洋品売場で販売しています。

10月下旬には、またクローズアップして、お気に入りの傘の生地から

トートバッグやワンちゃんポンチョが作れるオーダー受注も受付予定です。

ご注目くださいね!

 

 

 

ショップ情報

ショップ名

メディア掲載情報

フロア
カテゴリー
その他

RECOMMEND BLOG