9F
紳士服・洋品
2020.09.18

シワや型崩れを防ぐスーツの畳み方をやってみよう

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

シワや型崩れを防ぐスーツの畳み方をやってみよう

スーツは、着用時にきれいなシルエットとなるように立体的に作られています。

そのため、シルエットを崩すことなく使用できる木製ハンガーなどで収納するのが理想的ですが

反対に、スーツを畳んで収納していると「しわ」「型崩れ」につながってしまう可能性があります。

しかし、出張などでやむを得ずスーツを畳んで持ち運ばなければならないこともあるでしょう。

シワや型崩れを防ぐためにも是非スーツのたたみ方を覚えましょう

 

画像

 

ジャケットのたたみ方


1. 左右どちらか片側の袖と肩を裏返します。

2. もう片側の袖を表向きの状態のまま、裏返した袖の内側に通します。このとき、左右の襟をできるだけキレイに立てて重ねてください。

3. 肩のフォルムの型崩れを防ぐため、タオルやTシャツなどのクッション材を肩に入れます。

4. 別のタオルやTシャツを芯にして、袖を内側に軽く折ってからジャケットを肩から裾にかけてくるくる巻いていけばOKです。

 

パンツのたたみ方


1. パンツを平置きし、全体に重ねるようにしてタオルやTシャツなどのクッション材(Tシャツであれば2枚程度)を上にのせます。

2. あとはシワを手で伸ばしながらウエストから裾にかけてくるくる巻いていけば完成です。

 

スーツケースへのしまい方


スーツケースにしまう際には、たたんだスーツを最後に収納するようにしましょう。スーツケースへの長時間の収納はシワの原因となってしまいます。

また、収納場所にも注意が必要。スーツケースの下の方に収納してしまうと、上の荷物の重みで潰れてしまったりシワになってしまったりする恐れがあります。スーツケースを持ち運ぶときにたたんだスーツが上部にくるように収納しましょう。

 

画像

 

 

ぜひ一度おためしください

 

 

 

大丸梅田店9F P.S.FAプラチナ

【TEL(直通) 06-6346-0075】

 

 

ショップ情報

ショップ名

P.S.FA プラチナ

フロア
9F
カテゴリー
紳士服・洋品

RECOMMEND BLOG