2022.05.01

まどろむ線の記憶 澤井玲衣子 個展

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

まどろむ線の記憶 澤井玲衣子 個展

「教会の絵」

 

まどろむ線の記憶

澤井玲衣子 個展

会期=2022年5月11日(水)→5月17日(火)

会場=松坂屋上野店 本館7階

アートスペース

※最終日は16時閉場



 

アウトサイダーアート:西洋の正規の

藝術教育訓練を受けていない者が

制作した作品

 

アールブリュット:生の藝術

 

障害者アートを表す言葉はどちらも

イギリス、フランスから来ましたが

奈良県の「たんぽぽの家」が中心となり、

見る人の「人間性を回復させる」力があると

信じ「エイブルアートAble Art

(可能性の藝術)」という

日本発の造語を提唱し活動。

 

その信念の元、活動している作家の一人

澤井玲衣子氏の個展のご案内。

およそ暇を持て余す事のない日常を送る

彼女の生活はお稽古事やお買い物、

料理、洗濯とめまぐるしい。

そんな日常の出来事や感情を

語りだしたら止まらない。

言葉で言い尽くせない物事を

視覚に訴え表現する作家。

 

画像

「Leather Jacket」

 

 

画像

「Shpping at the supermarket」

 

「既存の美術や流行、教育などに左右されず、

誰にもまねできない作品を

創作し続けるアーティストたち。

唯一無二の作品が生まれる瞬間を

見逃すな!」をコンセプトに放送されている

NHK番組「no art,no life」にて

紹介された澤井玲衣子氏。

***

1977年生まれ 奈良県在住 
1996年よりたんぽぽの家で活動をはじめる
2007年「エイブルアート・カンパニー登録」

アーティスト

 

ぜひお見逃しなく!!

 

******

 

松坂屋上野店 本館7階

アートスペース

 

 

ショップ情報

ショップ名

アートスペースTOPICS

フロア
カテゴリー
その他

RECOMMEND BLOG