2022.04.24

瀬戸晋さん / 11人目 北海道に魅せられた人たち

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

瀬戸晋さん / 11人目 北海道に魅せられた人たち

独自の歴史・自然・風土をもつ「北海道」。

そんな北海道に魅せられた、ものづくりの人々の作品をご紹介するイベント「北海道に魅せられた人たち」が松坂屋上野店にて4月27日(水)から開催となります。

 

このブログでは、会期まで、みなさんと開催カウントダウンするつもりで、そんな”北海道に魅せられた人たちのストーリーをお送りいたします!


さて、11人目は、木工作家・瀬戸晋さんです!

 


 

画像

 

 

独学で学んだ拭き漆

そして、瀬戸さんの ”赤”

 

画像

 

瀬戸晋さんは、旭川で工房を構える拭き漆作家。拭き漆とは、木地に漆を塗っては拭いて、薄く漆を重ねる技法で、木目が透けて見えるのが特徴です。

 

「木工は家具作りからスタートしたので、いつか漆をやりたいと思っていました。拭き漆は、漆塗りと比較すると始めやすかったので、チャレンジしたのですが……独学で習得したので、技を確立するのに10年くらいかかりました(笑)」

 

旭川の図書館の漆の本は全て読み、当時ネットコンテンツも充実していなかった中で、映像が流れれば見て研究するというように、苦労したそうですが、独学が逆によかったことも。

 

瀬戸さん”らしさ”の一つである彩度の高い赤い漆の色。王道のやり方であれば、もう少し落ち着いた色合いの赤になるそうですが、試行錯誤の末に今の色合いを作ることに成功しました。

 

「この赤の出し方は、普通に弟子入りして学んでいたら、思いつかないようなやり方やと思いますし(笑)、 ”こんなめんどくさいことするなら普通の赤でいいや” と思われちゃいそうな手間のかかる手法。独学で常に試行錯誤していたから出会えた色やと思います。」

 

 

目指しているのは「日常づかいできる器」

 

画像

 

瀬戸さんの作品は「日常的に使いやすい」と評されるのをよく聞きます。漆という素材そのものや細かいノミ跡の陰影が織りなす上品さはありながら、カジュアルさも併せ持っています。瀬戸さん自身も「作品というより日々の道具として使って欲しい」という思いを持っています。

 

「先日、結構使い込まれた過去の作品を修理希望で預かったのですが、『毎日これでお味噌汁いただいています』 と言ってくださって。そういうのが嬉しいです。」

 

そのため、デザインや価格などさまざまな面で使いやすさ・買いやすさを考えているそう。例えば、ころんとした特徴的なお椀はデザイン性として狙って製作する気持ち半分、丸太を無駄なく使えるデザインという側面も。

また、作品として自分の色を前面に出すよりも、使うひとの声に耳を傾けるものづくりを心がけています。

 

「イベントで店頭に立っていると、人気のものとそうでないものは、はっきりとわかります。人気のシリーズでも、ご意見をいただいたり。そういったお客様の反応を反映しながら制作しているので、使いやすさにも繋がっているのかもしれないですね。」

 

使う人に寄り添った作品が並びます。

 

 

「こんなにいい木が採れるところはそうない!」

中川の木との出会い

 

画像

 

中川との出会いは、5.6年前。中川町の木材流通を広げるために開催された、木工作家を集めての丸太販売会でした。

日本の中でも、北海道、中川町の木材はいい木が多く、本州の木工作家でも、北海道の木を使ってる人も聞くと言います。

 

「僕らのように、機械ではなく手で削る木工では、少し柔らかい方が扱いやすい。中川の木材は、硬さも丁度良く、節の入り方や木材そのものの大きさ、表面の質感なども北海道の中でも特に好きでよく買わせてもらってます。」

と丸太販売会以降、時々中川に足を運び、丸太を選んでいるそう。

 

「特に今回のイベントでは、 ”一生のうちもう二度とあえないんと違うかな” というくらいの立派なクルミを用意してもらいました。大きさがあるのに節が少なく、更にしっとりとしていて。せっかくの大きさなので、大きめのボウルを作ってみましたので、是非ご覧いただきたいです。」

 

 

瀬戸さん渾身の作品大きめのボウルは、木地を生かしたオイル仕上げのものと黒漆を塗ったものの2点のみとなっております。ご覧になりたい方はお早めにどうぞ!

 

※瀬戸さんの作品には、中川町以外の北海道産材も含みます。


 

\北海道に魅せられた人 11人目/

画像

瀬戸晋さん

 

大阪出身。大学入学に際して北海道に移住し、大学卒業と共に、木工の世界に入る。初めは家具作りを行うが、漆の小物作りにシフトしていく。ノミの跡と彩度の高い赤色がトレードマーク。北海道の好きなところは「冬が寒すぎてどうしようもないところ」。

 

 

「北海道に魅せられた人たち」

会期:4月27日(水)→5月3日(火・祝)

場所:松坂屋上野店 本館1階北口イベントスペース

 

ブログの更新はこちらでチェックできます👉Instagram @think_local_dm_official

 

 

ショップ情報

ショップ名

イベントインフォメーション

フロア
カテゴリー
その他

RECOMMEND BLOG