2022.04.08

〈幸愛硝子〉木村幸愛さん / 5人目 北海道に魅せられた人たち

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

〈幸愛硝子〉木村幸愛さん / 5人目 北海道に魅せられた人たち

独自の歴史・自然・風土をもつ「北海道」。そんな北海道に魅せられた、ものづくりの人々の作品をご紹介するイベント「北海道に魅せられた人たち」が松坂屋上野店にて4月27日(水)から開催となります。

 

このブログでは、会期まで、みなさんと開催カウントダウンするつもりで、そんな”北海道に魅せられた人たちのストーリーをお送りいたします!


さて5人目は〈幸愛(ゆきえ)硝子〉の木村幸愛さんです。

 


 

画像

 

ガラスの街としても知られる小樽にアトリエを構える〈幸愛硝子〉。色を閉じ込めたようなカラフルな作品は、数多くのガラス製品が集まる小樽の街中でもはっと目を引きます。

 

一つ一つの色が、ニュアンスのある色であったり彩度が高い色だったりと、他とはちょっと違う色なのに、それらをさらに組み合わせて独特の色世界が生み出されている幸愛硝子のガラスたち。

 

そんな幸愛硝子の世界感をたっぷりと感じられるアトリエ併設のギャラリー「幸愛硝子 小さな森のなか」へ伺ってきました。

 
ガラスとの出会いと色彩豊かな作風の原点

 

画像


〈幸愛硝子〉の作り手・幸愛さんの印象は、ぱっつん前髪とにっこり顔と軽妙な大阪弁トーク。お話しするといつも元気をもらえます。


そんな幸愛さんとガラスの出会いは17歳まで遡ります。


「高校の時に吹きガラス工房に行った時にガラスに魅了されてしまいました。熱々に溶けたとろとろのガラスが、オレンジ色に静かに発光している美しさが忘れられなくて。」

 

と小樽、大阪、横浜と修行を重ねます。

 

画像

 

みんなが自然と笑顔になれる作品を作りたい、と思った頃から今のようなカラフルな作風になっていったそう。


「笑顔になれるものと考えていくと、自然と自分の好きなもの、はっきりとした色が好きだったので、今のようにたくさんの明るい色を使うようになっていきました。赤!ピンク!青!とはっきりした色が昔から好きで……その色彩感覚は、大阪の派手派手な街並みで育ったからちゃうかな(笑)」


言われてみると、幸愛さんの作品や前のギャラリーの内装では赤が印象的に使われていて、道頓堀のTHE大阪な風景の色合いと重なる部分がある気がします。


普段目にする風景から色を吸収していくことは、小樽に移住してからも。


「うちから見える夕日が、明るいオレンジだったり、紫だったりととても綺麗で。こんな綺麗なんやなぁと自然から新しい色を発見することも多いです。」

 

 

人とのつながりを大切にして


画像


現在、「幸愛硝子 小さな森のなか」は基本的には予約制となっています。その理由は、ひとりひとりのお客様を大切にしたいから。


「ガラス製品そのものだけではなく、楽しい思い出がこのギャラリーで積み重なっていくその体験も私たちが提供したいことの一つと思っていて、となると、一人一人の方とゆっくりとお話ししたいので、この形になりました。初めていらっしゃる方、リピーターの方関係なく、深いお付き合いができるようになって、自分たちには合っていたかなと思います。」


幸愛硝子のインスタグラムには訪れた方の笑顔も掲載されています。縁があって繋がったたくさんの人の、明るい気持ちや笑顔が集まっている、温かみのあるギャラリーだということが伝わってきます。

 

 

幸愛硝子の世界は、農園にも広がり……

 

画像

 

近年、〈幸愛硝子〉ではアトリエ内の海を見渡す広々とした立地を利用して、制作の合間にブルーベリー・カシス、ぶどう、ハーブなどを育ててきました。


「もともと畑などするのが好きで、工房を始めた頃から野菜を育てたりしていました。移転したところは雑木林だったところで、開墾や整地を繰り返しながら、5年くらいかけて少しずつ色々なものを植樹していたのですが、気がついたらすごく増えてしまいました笑

作品のファンでいてくださるお客様には、そんな育てている木々など見たりしてもらって、アトリエでも楽しく過ごしていただきたいですね。たくさんの「幸愛硝子 小さな森のなか」での楽しみを作っていきたいと思っています!」


幸愛硝子のこだわりの詰まった建物の中で、ガラス作品をゆったりと選んで、農園で遊んで、小樽の海を見渡して……とガラス工房にとどまらない体験が送れる場所になりそうです。

 

 

 

実は、筆者も松坂屋へ入社する前から〈幸愛硝子〉は大好きで、振り返ってみれば10年のお付き合いになっていました。今回どうしても上野店のお客様にご紹介したいと思い、幸愛さんは店頭に立つことは難しいとのことでしたが、出品していただけることになりました!当日は、筆者がストーリーテラーとなって店頭に立たせていただきます!

 

是非、実物の美しさを店頭でご覧ください!!

 


 

\北海道に魅せられた人 5人目/

画像

 

木村幸愛さん

大阪出身。結婚を機に移住した小樽で独立、ギャラリーをオープン。小樽の海を見渡せる高台にある「幸愛硝子 小さな森のなか」は、幸愛さんご夫婦とその仲間のDIYで作り上げたそうで随所に幸愛さんらしさが。北海道の好きな所は「食べ物や水が美味しいところ」。

 


 

「北海道に魅せられた人たち」

会期:4月27日(水)→5月3日(火)

場所:松坂屋上野店 本館1階北口イベントスペース

 

ブログの更新はこちらでチェックできます👉Instagram @think_local_dm_official

ショップ情報

ショップ名

イベントインフォメーション

フロア
カテゴリー
その他

RECOMMEND BLOG