本館 中2F
リビング・キッチン・文具
2020.11.25

〈西川〉羽毛ふとんの「正しいお手入れ方法」知っていますか?

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

〈西川〉羽毛ふとんの「正しいお手入れ方法」知っていますか?

こんにちは。

〈西川ローズスリープチューン〉です。

 

羽毛ふとん「正しいお手入れ方法」、知っていますか?

毎日使う羽毛ふとんだから、清潔に気持ちよく使いたいですよね!

間違ったお手入れをして、大切な羽毛ふとんが長持ちしなくなるのでは…と心配になってしまいます。

今回は、羽毛ふとんの正しいお手入れ方法をお届けします。

 

画像

画像

 

画像

A.もちろん大丈夫です!!

画像

羽毛ふとんは、天日に干すか、または、風通しの良い日陰に干しましょう!月に1〜2回、天気の良い乾燥した日に、午前10時から午後3時ごろまでに干すのがおすすめです。片面1時間くらいを目安に、両面干しましょう。

ふとんがわ生地の傷みを防ぐためには、シーツやカバーでおおった状態で干すのが効果的です。がわ生地や中身の羽毛が傷みますので、強くたたかないようにしましょう。

画像

A.基本的には洗えませんので、ご注意を!!

画像

ウォッシャブルの羽毛肌掛けもありますが、厚手の羽毛ふとんは基本的には洗えません。汚れてしまったときは、まずは商品についている品質表示タグをチェックしましょう。

部分的に汚れてしまった場合は、濡れた布ですぐに拭き取ったり、つまみ洗いなどをしたあとに、十分に乾燥させることがおすすめです。

それでも汚れが気になる場合には、信頼のおけるクリーニング店やふとん丸洗い専門業者に相談してみましょう。

画像

A.カバーは必要です!!

羽毛ふとんには、上質でやわらかい素材のカバーを使用するのがおすすめです。羽毛ふとんは洗えないものが多いので、カバーをこまめにお洗濯することで、がわ生地の傷みや汚れも防げます。

画像

A.湿気の少ない場所に保管しましょう!!

画像

羽毛ふとんを良く乾燥させてから、通気性の良いもの(綿素材のシーツなど)に包み、湿気の少ない場所で保管しましょう。中身の羽毛がつぶれてしまうと、羽毛本来の力を発揮できなくなります。上に重いものを乗せずに、押入れなどの上段にしまってください。

ダニやカビを防ぐため、使わない間でもときどき日に干し、押入れも乾燥させたほうがよいでしょう。

画像

A.がわ生地の内側からつまんで戻しましょう!!

画像

羽毛ふとんを長年使用していると、ファイバーと呼ばれる小さい羽毛や羽軸が生地の間や縫い目から出てくることがあります。これは、使っている間の摩擦などが原因なので、羽毛ふとんの性質上やむを得ないものです。

出てきてしまった場合は、がわ生地の内側からつまんで戻して下さい。その後、出ていた場所を爪の甲で生地目を潰すように押しましょう。

10年くらい使っている場合は、お買い替えの目安になります。

画像

A.干したり、使っているうちに自然と消えるのでご安心を!!

羽毛は動物性の天然素材なので、買ったばかりの羽毛ふとんは多少特有のニオイがすることがあります。また、羽毛ふとん専用バッグや、生地の加工によるニオイが残っている場合もありますが、日干ししたり、使っているうちに徐々に薄くなりますので、心配いりません。

〈西川〉の羽毛ふとんは、繰り返しの洗浄を行っていますので安心してご使用ください!!

 

本館中2階

〈西川ローズスリープチューン〉

問合せ:03-6806-0131

ショップ情報

ショップ名

西川 ローズスリープチューン

フロア
本館 中2F
カテゴリー
リビング・キッチン・文具

RECOMMEND BLOG