本館 B1F
食品
2022.04.30

マツチカ補完作戦(丼弁グランプリ 撮影編)

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

マツチカ補完作戦(丼弁グランプリ 撮影編)

マツチカン ア^^んど  マダオ軍の皆様方、  

 

Désolé de t'avoir fait attendreでございましたあ      MMD デルソルの一人だす。

 

おばちゃんは言っていた。 

~万年最下位チームの怪しげなサングラスをかけている監督に、"伸びのある球を投げたら、うな丼おごる”といわれ、投げたら、伸びありすぎて、300メートルも浮き上がってしまった。

帰りにおごってもらったのは、マツチカの何故か、カレーだった。 セコッ。

 

 

~えびぞり魔球を投げるべくマダオメタ精神と時の部屋へ、リープ!!~

 

美味しい物を食べるのは楽しいが、一番楽しいのはそれを待っている間だ。

っとばかりに、今回も「丼弁グランプリ」の撮影場所に立ち会ってきました。

 

~最初に言ってoku!!  これからは  か~な~り  マジカルバルバロイだす。

 

外出できませんので、店内のどこかで、どこかの時間で撮影しました。 こんな按配です。

 

「寄り寄り寄り寄り~~角度もひくく~~」でおねがいしま~~SU。と自分で撮影(今どきは自撮りと言うのでしょうか?)

 

哀しい~~く~~らい 君が残念だ~から~な、初球から、背中にデッドボール的

『はああ~~あぁ』な、ため息画像ですが、

 

海鮮系だとコンナ感じに

画像

 

新作の魚惣菜だとおお 

画像

 

そぼろ丼なんかは

画像

に、したくなっちゃうんですよねえ。

寄り寄り寄り寄り寄り寄り寄り寄り寄り寄りで撮りましたがああ、

当然のことながら、 これはあかんのだす。

 

なしてなら、折込広告掲載には構図どいうべが、折込広告の「どのあだりに」「どの大ぎさ」「そのだめのベストの角度」など、広告ディレクターどカメラマン会話しながら撮影していきあんす。

 

画像

なのでえええ   赤いマダオナは、カメラマンに「まーそうに撮影しふさんんじゃすん。」「おいしそうに撮影してほしいだす。」っと極めて当たり前のことしか言えないんだす。

 

 

 

「大回転魔撮影!! ウリャ?」とばかりに冷静に撮影開始

私の言葉を意に介さず、一筆奏上 全集中でカメラマンさんは撮影。 半集中で、私は確認。

 

★この角度がずんどこスンゴイのよ

 

 

画像

 

 

一見普通がマンモス ス~ンゴ~くな~~い。

画像

 

小ぶりな感じがスンゴイゴイスーなのよ。

画像

ね。 技術もさることながら、角度が違う、品が違うんです。

 

撮影データとして保存いたします。 

 

実は、1カットにつき、掲載商品の撮影は、1カットにつき複数の候補をご用意頂いれおります。素人の私では見分けがつかない部分もしっかり確認の上、広告ディレクターと画像を決めていきます。

 

っと思いきや、こちら、実はああああ 赤いマダオナも見逃せませんな意見言えます。言います。☆

 

一部の撮影商品に「これを目立たせたい、商品的にこの角度がよりよいのでは」っと意見をさせて頂きます。また、現場で急な第600感で、「これをメインにいい」ってことで、カットの要望もだしちゃいます。

 

なぜなら、過去には、事前の確認会をしていたのですが、いろいろありまして、その場で”やってもうてや、マツチカ”的にやっちゃってるんで・・・赤いマダオナ的な商品イメージもたま~にございますので。

さすがん一言。普通に対応いただくっ。 いつも無理言うて すんまそん。

 

「ごめんなさ~い」なのだ。

 

このような感じで今回は約2時間半ほどをかけて撮影していきました。

 

その後、データアップす、2度ほど修正や、レイアウト変更など校正作業の後、晴れで折込広告完成どなります。

 

次回は、いよいよエントリー商品のご紹介もできればです。 

 

何度も言うよOHHH 「穴子丼」はアアア今回はああああ  エントリーナッシングUUUう

次回もしっかり見てくれよな。 見ないと、鳥の影をボールと勘違いしてビビることになるダニ。

 

 

 

 

 

 

 

ショップ情報

ショップ名

マツチカ

フロア
本館 B1F
カテゴリー
食品

RECOMMEND BLOG