本館 B1F
食品
2021.07.21

こんなのいました(一部ショッキングな描写あり)

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

こんなのいました(一部ショッキングな描写あり)

梅雨も明け、いよいよ暑さが本格的になりつつある今日この頃…

当店に、驚きの品物が届きました🐟

003643/34a59357.jpeg

こちら、本マグロのお頭でございます!!

どうやら店長が市場から貰ってきたらしいのですが、こんなの貰ってきても何に使うのかわかりませんよね…?

実はこの頭、僅かではありますが、食べられる部位が存在します🤔

フードロス問題が謳われている昨今、食べられる部分を余すことなく使うことが大事なのかなと思います。

この頭のどの辺が食べられるの?という所ですが、こちらの写真をご覧下さい!

003643/a3f5d83e.jpeg

まずは左下、マグロの目玉👀

調理方法としては、煮付や塩焼きが主流です。

コラーゲンたっぷりの目玉は、実はとっても美味な部位です。煮魚を作るように煮付けるか、ホイル焼きで塩コショウを振って召し上がれ!

 

お次は頬肉(ほほにく)。

写真の目玉の隣にあるやつです。

食感も味もあまり魚っぽくなく、どこか野性的な、例えるならお肉の赤身のような…

なので、調理方法も牛すじ煮込みのようにホロホロになるまで煮込むか、大胆にステーキ🥩

にしてみたりするのがオススメです!

 

最後は写真の上側、頭肉(左側)と顎肉(右側)!

顎肉(アゴにく)は、主にカマの部分と一緒に加工される事が多く、あまりこの部位単品で使われることは少ないです…アラ炊き等に入れて一緒に炊いて食べてください🤔

頭肉(ずにく)ですが、こちらは脂の乗りがすごいです…!ステーキ、バター焼き、竜田揚げなどなど、何をやっても美味しいです🤤

 

ここで紹介した調理方法はあくまで一例ですが、そもそも入荷すること自体が稀なのであまり見かける事は無いかもしれませんが、もし見つけた時は是非1度召し上がってみてください!

当店の惣菜部門では、本マグロの血合い炊きとして血合い部分も美味しく調理して販売しておりますので、そちらも是非お買い求めください🐟🐟

ショップ情報

ショップ名

魚くみ

フロア
本館 B1F
TEL
072-682-1111(代表)
カテゴリー
食品

RECOMMEND BLOG