本館 B1F
食品
2020.05.02

ちょっと小話〜パミエ編〜

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

ちょっと小話〜パミエ編〜

 

 

 

ちょっと小話〜パミエ編〜

 

 

 

001008/e024d12b.jpg

 

 

パミエの誕生は1972年(昭和47年)。

その製法は開発当時から変わっていません。

 

ペクチンを丁寧に炊き、濃縮させ型に流し込む。

凝固したゼリーを丁寧に優しく洗い、2日間乾燥をじっくりさせる。

 

乾燥させたゼリーを取り出しキラキラ輝く砂糖で化粧づけ、更に熟成させること3日。

 

そうして約5日かけて丁寧に、じっくり作りあげることで独特のもちっとした食感を生み出すことができるのです!

 

 

 

 

 

わー

 

そんなに手間がかかってたのかぁ

 

Σ(°◇°;) 

 

 

 

 

001008/b0d4ee7d.jpg

 

 

 

そもそも「ペクチン」って?

 

 

お菓子づくりがお好きな方でしたらご存知では?

主に柑橘系の果物の皮に含まれる成分でして、ペクチン・糖分・酸に熱が加わると固まる性質を持ったモノなんです。

 

ジャムがトロッとした状態になるのはこのペクチンの作用なんですね!

 

 

そのペクチンで作ったゼリーは

ゼラチンや寒天とはまた違うもっちり食感!

一度ハマるとヤミツキに…!?

(∩´͈ ᐜ `͈∩)

 

 

 

ただ固まるだけじゃない、なめらかさとこの弾力

 

 

 

見て下さぁーい!

 

001008/c5fef85c.jpg

 

 

なめらか〜

からのモッチモチ!

ᕦ(ò_óˇ)ᕤムキッ

 

 

パミエは開封後、少し日を置くと更にモッチリしますよ〜

冷蔵庫で冷やしてみたりお好みでどうぞ!

( ,,>ω•́ )۶

 

 

 

 

蓋の開けっ放しは乾燥してしまうのでお気を付けて!

(((ง’ω’)و三 ง’ω’)ڡ≡シュッシュ

ショップ情報

ショップ名

ゴンチャロフ

フロア
本館 B1F
TEL
054-254-1111(代表)
営業時間
松坂屋静岡店の営業時間に準じます。
カテゴリー
食品

RECOMMEND BLOG