本館 6F
靴・バッグ
2021.04.09

New plants collection -1

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

New plants collection -1

こんにちは!planb  masterpieceです!

本日より新しい植物達が入荷しましたのでご紹介させていただきます!!

 

 

 

【ソフォラ プロストラータ リトルベイビー】

 税込3,850円

画像

 


特徴


ソフォラプロストラータリトルベイビーはマメ科クララ属に分類されるニュージーランド原産の植物です。属の和名であるクララは根を舐めるとクラクラと目が眩むぐらい苦く、眩草(くららぐさ)と呼ばれていたことが由来とされています。ジグザグの細い枝に小さく丸い葉が連なる草姿は大変可愛らしく、メルヘンの木とも呼ばれています。ソフォラプロストラータリトルベイビーは日当たりを好みますが夏の蒸れが苦手です。また、葉が小さいため乾燥にも弱く、冬場は葉水などでいかに湿度を保つかがポイントになってきます。

 


日当たり・置き場所


【屋外】

春~秋にかけて屋外で管理することができますが、直射日光を当ててしまうと刺激が強すぎて葉焼けを起こしてしまうので遮光をしてください。遮光するときに遮光ネットや寒冷紗を使用すると簡単に遮光することができます。

 


【屋内】

ソフォラプロストラータリトルベイビーは耐陰性があるので、屋内でも大丈夫です。しかし、日光が当たった方が健康な株になるので、なるべく日光が当たる場所に置いてください。室内だからと言って直射日光を当ててしまうと葉焼けを起こしてしまうので、レースのカーテン越し程度の日光を当ててください。

また、ソフォラプロストラータリトルベイビーにエアコンの風などが直接当たってしまうと枯れてしまうことがあるため、エアコンの風が当たらない風通しと日当たりの良い場所に置きましょう。

 

 

 

水やり

 

ソフォラプロストラータリトルベイビーが生長している間は土の表面が乾燥したら、鉢底から水が流れ出る位たっぷりと水やりをするようにします。気温が低い冬など、ソフォラプロストラータリトルベイビーの生長が止まったら水やりを控え、一週間に1~2回程度水やりをするようにしましょう。生長期であれば腰水で管理をしても良いです。

また、葉水を定期的に行うことでハダニなどの発生を予防することができます。葉水をする時はソフォラプロストラータリトルベイビーの葉裏にもしっかりと水をかけましょう。

 


【サボテン 紫光太陽】

 税込4,950円

画像

 


特徴


エキノセレウス 紫光太陽は、縁刺(へりさし)と呼ばれる円輪状に生えた赤紫の刺で覆われた美しいサボテンです。あまり大きくは育ちませんが、その体に似合わず大きなピンクの綺麗な花を咲かせます。乾燥や寒さにも強く非常に強健で育てやすいサボテンです。

 


日当たり 置き場所


とても丈夫で育てやすいサボテンです。生長の鈍る真夏と真冬の管理をしっかりすればダメにすることもありません。紫太陽の美しさは全身を覆う赤紫の刺です。しっかりと日光にあて、綺麗な形と鮮やかな色をしっかりと出せるように管理しましょう。梅雨や真夏の時期の蒸れが天敵なので、風通しには気を付けましょう。

 


水やり


生長期である春先から夏前、夏の終わりから冬の始まりまでは、用土が乾いたらたっぷりと水をやります。群れには特に弱いので、真夏は水を切って管理しても問題ありませんが、水を切りすぎて根を痛めてしまうと、生長時期の立ち上がりが良くないので、夏場は日差しの落ち着く夕方ごろに軽く一週に一度は用土の三分の二くらいの水を与えます。

かなりの寒さにも耐えられますが、朝方5度くらいまで下がると生長が鈍くなり休眠期に入ります。冬は日照時間も気温も上がりにくく、用土が乾きにくいので、水やりに自信がないという方は、思い切って断水で管理しても枯れることはありません。ただし、しっかりと日中は日光に当てて可能な限り風通しの良いところで管理しましょう。

 

 

 

 

他にも多数植物が入荷してますので次の機会にご紹介させて頂きます!!

 


気になりましたら是非ご来店ください!!

大丸心斎橋店 本館6階

planb masterpieceでお待ちしております!

ショップ情報

ショップ名

planb master-piece

フロア
本館 6F
カテゴリー
靴・バッグ

RECOMMEND BLOG