BF
食品
2022.06.25

【貴】ビンテージ2020の清酒とは【男山】

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

【貴】ビンテージ2020の清酒とは【男山】

 

いつも【大丸下関店】酒売場のブログを見に来てくださり、真に感謝いたします。

店長のミウラです。

 

先週の17日(金曜日)~19日(日曜日)の三日間、6階の催事場ではなんと

【雁木】と【貴】の蔵元お二人がいらしてくださり、【下関クラフトビール】と合わせて

久々の試飲販売を開催いたしました。

 

新型コロナウィルスが流行し始めてから、初の試飲。

飛沫感染に気をつけて、細心の注意を払い、安全に試飲カップをお渡しする-

なかなか緊張した三日間でした。

 

さて、その時に【貴】のイケメン、ヒラマツさんと「清酒のマリアージュ」で盛り上がりました。

ヒラマツさんは元々、外食産業にいらした方で、イタリアンが得意です。

清酒の味わいをイタリアワインに例えるのは、ワインを勉強している私には非常に理解し易く。

 

「そうそう、ミウラさん、うちの蔵に寝かせてある酒、扱ってみませんか?」

 

好きな酒造好適米の話から、ひょんな事でその「ミウラが好きな米」が

「【貴】を醸す永山本家酒造」ではもう使用していない事が分かり、

その寝かせてある【貴】が最後の商品だというのです。

 

画像

 

「え、貴蔵で醸した最後の《八反錦》がまだ、低温倉庫で眠っているんですか…?!」

 

「すぐにください!」

 

はい、わたくし《愛山》《八反錦》大好きです。

《八反草》の2016まで持っております(謎)

 

 

 

更に元々の銘柄である【男山】にも、キレのよい辛口な純米酒BY2020があると言います。

早速お見積もりをお願いしました。

 

 

 

 

店に今日出しましたよ

 

 

【男山】画像【貴】

 

どちらも宇部は永山本家酒造のお酒です。どちらも2年間寝かせた酒です。

でも瓶詰は2022.6月

つまり蔵出しです。状態は最高に良いです。

 

画像

 

では早速、飲んでみましょう

 

【男山 BY2020 純米酒 生酛造り/西都の雫】…おおっ!確かに爽やか辛口。合わせるならタコとワカメとキュウリの三杯酢和え!そして不思議と若いマンチェゴ(スペイン産羊のセミハード系チーズ)とか、エメンタールチーズでもよいね。最後に感じる軽い乳酸がそう思わせるのか。

青いキュウリのかほりがちょいと高知の酒を思い出す。

 

【貴 BY2020 特別純米直汲み60 新酒生酒 八反錦】…新酒だった頃は、抜栓したてはガス感とかプチプチ感じられて、酸も鋭利な感じで、マウントを取りに行ってしまうツンツンしたお嬢様だったんだろうなぁ…という片鱗が瞬間、垣間見られるも、すぐに「今やなんでも受け入れてくれる、懐の深い、情の厚い素敵な女性になったんだね」と悟ることができるぐらい、二年の月日が劇的にこの酒質を変えたと言っても過言ではないかも。かりんの香り、ほのかな乳の香り。テクスチュアはあくまで滑らかで、最後に穀物由来の柔らかな甘味を感じる。合わせるなら貝柱の焦がしバターソースや、柿とクレソンのカッテージチーズのサラダ、

とろとろのオムレツでも良いかも。ああ、食べたい。

 

※今のところこのお酒は大丸下関店でしかご購入いただけません

 

 

*****

 

●男山 BY2020 純米酒

 1800ml…税込 2,640円  /  720ml…税込 1,320円

 

●貴 BY2020 特別純米直汲み60 

 1800ml…税込 3,212円  /  720ml…税込 1,595円

ショップ情報

ショップ名

酒売場

フロア
BF
カテゴリー
食品

RECOMMEND BLOG