2F
靴・バッグ
2021.05.10

今年の夏は失敗しない‼️サンダルの正しい4つのポイント シューコーディネーター長嶋の靴選び㉗〜

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

今年の夏は失敗しない‼️サンダルの正しい4つのポイント シューコーディネーター長嶋の靴選び㉗〜

シューコーディネーターのブログへようこそ!

 

天候も暖かくなってきましたね。

 

売場のアイテムもサンダルの商品が続々増えてきました。

 

 

そこで今回は、サンダルのチェックポイントを解説します。

001635/525d8bbd.jpeg

 

 

かかとが出過ぎていませんか?

 

OK  目安として、かかとのカーブの膨らみが少し出るくらいが良いです。

 

NG  出過ぎていると中底の角にかかとがあたり、痛みがでます。

001635/eb56bc6e.png

 

 

 

つま先に余裕ありますか❓

 

OK  つま先の余裕は5ミリあると良いです。

 

NG  指先が前に出ると爪をぶつけたり怪我をする可能性もあります。

001635/6e677d68.png

 

 

 

幅は合っていますか?

 

OK  適度なフィット感があるのを選びましょう。

 

NG  はみ出たり、食い込んだりは痛みの原因に。

 

 

 

土踏まずとアーチの間に隙間はないですか?

 

OK  靴と足のアーチの場所がフィットしてることが大事です。

 

NG  隙間があると歩行している時、ずれてきて疲れやすくなります。

 

 

 

001635/863277a8.jpeg

この場合、ヒールカップにかかとがおさまっているのが良いです。

かかとが乗り上げてしまうと、不安定なうえ、かかとが擦れて痛みを引き起こします。

 

 

 

サンダルは、ワンサイズ小さめと言われてますが

チェックするこの4つのポイントが、あってるのが大事です。

 

 

 

正しいサイズの靴を選ぶには自分の足を知ることが重要です。

私達、シューコーディネーターがお客様の悩みに寄り添い無料計測をいたします。

 

是非、お気軽にお声掛けください。

 

過去のブログ↓

〇〇を知ると踵がパカパカしない!裏技アイテムもご紹介!(履き口編)

 

6つのポイントを知ればパンプスが痛くならない!(幅編)

 

〇〇を知ればパンプスが痛くならない! (つま先編)

 

 

ショップ情報

ショップ名

婦人靴売場

フロア
2F
カテゴリー
靴・バッグ

RECOMMEND BLOG