本館 8F
リビング・キッチン・文具
2022.11.03

第十回 新庄貞嗣 作陶展

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

第十回 新庄貞嗣 作陶展

こんにちは☺

本館8階美術画廊の松山です。

 

本日ご紹介させていただくのは現在開催中の「第十回 新庄貞嗣 作陶展」です🖼

新庄先生は山口県出身の萩焼の作家先生です❣

 

今回は萩焼について少しお話させて頂きます。

 

萩焼の歴史は約400年前まで遡り、もともと茶の湯で使うための陶器として江戸時代に毛利氏の御用窯として発展しました🍵

 

萩焼の特徴の一つとして、「萩の七化け」と言われる変化があります。

萩焼では作品にもよりますが、焼き締まりの少ない陶土を用いたやわらかい作風が特徴的です🤔

土に釉薬をかけて窯に入れます焼きますが、土と釉薬の収縮率の違いにより表面にヒビ(貫入)が入ります⚡

 

画像

              表面に無数のヒビが入っています

 

使い込んでいくことでそのヒビから水分が入っていき、土の色合いや風合いに変化が起こります😲

そのことを萩の七化けと表現します。

この変化がなんとも言えない味わいを醸し出し、愛着がわいてきます🤗

 

少しではございますが、作品をご紹介させていただきます。

 

画像

                 「萩茶碗」

 

 

画像

                  「萩窯変花入」

 

 

 

画像

                  「萩窯変水指」

 

 

 

新庄先生は11月2日(水)~11月6日(日)夕方頃までご在廊予定です✨✨

是非一度遊びにいらしてください🙏

 

※作品売約済の場合はご容赦ください。

 

場所:本館8階 美術第一画廊

会期:11/2(水)〜11/8(火)

時間:10時〜19時(最終日は16時閉廊)

お問合せ:052-264-3383

 

ショップ情報

ショップ名

美術画廊 TOPICS

フロア
本館 8F
営業時間
松坂屋名古屋店の営業時間に準じます
カテゴリー
リビング・キッチン・文具

RECOMMEND BLOG