本館 8F
リビング・キッチン・文具
2022.05.20

安原成美 日本画展-薫風-

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

安原成美 日本画展-薫風-

こんにちは😃

美術画廊の松山です。

 

今回ご紹介させていただくのは現在開催中の「安原成美 日本画展ー薫風ー」です。

安原成美(やすはらしげみ)先生は東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻をご卒業された男性の作家で、古来から伝わる日本画の顔料や和紙のもつ美しさを最大限引き出すことを心掛けて、日々制作に励んでいます。

 

 

今回は日本画に使用されている岩絵具について少しお話しさせて頂きます。

「岩絵具」とは主に鉱石を砕いてつくられた粒子状の日本画絵具です。粒子は砂のように粗く、艶のないマットな質感が特徴です。絵具そのものに接着性はなく、膠液(にかわえき)と加えることにより支持体に接着します。

岩絵具には、天然鉱物でつくられた「天然岩絵具」、近代に入り人工的につくられた「新岩絵具」「合成岩絵具」があります。

 

・天然岩絵具:天然の鉱石を砕いてつくられた岩絵具です。希少で色数が少なく高価ですが、膠液となじみやすく、天然ものは独特の深みのある色がでます。

・新岩絵具:ガラスに金属酸化物を加えて化学的にできた人工石を砕いた絵具です。色数が豊富で、変色せず、耐久性に優れています。

・合成岩絵具:水晶末や方解末を染料で特殊着色してつくられた岩絵具です。明るい色調の絵具で、中間色や蛍光色があります。

 

 

ー薫風ーと名付けられた今展では、新緑の香りをまとった日本の美しい自然を、天然の岩絵具による素材の美しさを似って表現しています。

そんな作品を何点かご紹介させていただきます。

 

 

画像

           雄宝香 税込352,000円

 

 

画像

            椿 税込297,000円

 

 

画像

            苳 税込297,000円

 

 

天然の岩絵具を使用された作品は見るたびに表情が変わります!

そんな繊細な美しさのある作品を是非一度ご覧くださいませ。

 

 

※表示価格は2022年5月20日現在のものとなります。

※作品売約済みの場合はご容赦ください。

 

場所:本館8階第二画廊

会期:5/18(水)〜5/24(火)

時間:10時〜19時(最終日は16時閉廊)

お問合せ:052-264-3383

ショップ情報

ショップ名

美術画廊 TOPICS

フロア
本館 8F
営業時間
松坂屋名古屋店の営業時間に準じます
カテゴリー
リビング・キッチン・文具

RECOMMEND BLOG