2021.06.14

【サステナ日記】オランウータンと熱帯雨林を守ろう!

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

【サステナ日記】オランウータンと熱帯雨林を守ろう!

松坂屋のスタッフが店内を巡り、サステナブルなアイテムやイベントをご紹介するこちらの企画、「松坂屋スタッフが見つけた! PICK UP SDGs!」。

 

サステナレンジャーの グリーンです。

突然ですが、私の小学5年生の娘が課題図書でこんな本を借りてきました。

 

「オランウータンに会いたい」(久世濃子 著)

 

それは、オランウータンの研究をする久世濃子さんが、ボルネオ島でオランウータンと暮らすお話です。

でもそのオランウータンがまもなく絶滅すると言われています。理由は、遠い日本のわたしたちの生活にも関係しているというのです。

 

そんな本の内容と娘と話していたときでした。

娘が、「そういうお話、授業でもよく習うよ。」と言いました。

「今、地球温暖化で地球が危ないんだよね。そしてそのリミットはすごく先ではなくすぐそこまで来ているんだよね。」

「ねぇ、お母さん。私たちが大人になるまで地球は無事なのかな。」と。

 

今は小学生でも地球温暖化とかSDGsのことを授業で学びます。

 

私は、そう聞かれて何も返事ができませんでした。

私の子供たちが安心して暮らしていける世の中でいらるように。

そのために私たち大人がすべきことを、今、私自身できているだろうかと。

身震いしながらこの本を読んだのでした。

 

一部、この本の内容を抜粋して紹介します。

 

 

オランウータンと森を守るためにわたしたちができること

 

私たち日本人は、オランウータンがすむ森から切り出した木材を使い、現在では森を切り開いてつくられた農園でとれたパーム油を、毎日使って生活しています。

また、スマトラ島の熱帯雨林を違法に伐採して、つくられたコピー用紙が日本国内で流通していることも報告されています。

わたしたちのくらしとオランウータンのくらす東南アジアの森とは直接つながっているのです。

 

では私たちはパーム油を使うのをやめればいいのでしょうか。

現在、オイルパーム農業は、現地の人々にとっては重要な産業で、多くの人の仕事となっていて、マレーシアやインドネシアの経済発展を支えています。

またオイルパームは大豆や菜種などのほかの食用油にくらべて、面積あたりの生産量がとても大きいので、オイルパームをつくることをやめると、もっと広い面積の熱帯雨林の林を切り開かなくては、世界の人々が必要とする量の食用油をつくれません。

 

このほかにも色々な、違法労働や、給料未払いの労働、危険な薬品の使用など問題も多く発生するなか、世界的な食品企業と自然保護団体が中心になって、「持続可能なパーム油のための円卓会議」(RSPO)という非営利組織を2004年に設立しました。

 

RSPOでは、野生生物保全や農園で働く労働者の人権などにも配慮し、ルールを守って生産されたパーム油を「認証」する制度をはじめました。

ちなみにまだまだ日本ではRSPO認証のパーム油を使った製品は探すのが難しい状況だそうです。

 

みなさんがオランウータンのためにすぐにできることがあります。

それは、日々買い物をするときに、価格を見るだけでなく、その製品が何を使って、どうやってつくられているかを、立ち止まって考えてみることです。

RSPO認証や、森林製品の認証であるFSCマーク、校正な貿易の証であるフェアトレードマーク。

ぜひみなさんの身の回りで売られている商品の中に、どんな認証制度のマークがあるか調べて、家族や友達に教えてあげてください。

「自分の体にやさしい」商品だけでなく、「つくられている国の野生生物」や「地球環境にやさしい」商品を探してみてください。

 

一人ひとりの声は小さくても、そう考える日本人が増えれば、オランウータンと熱帯雨林を守る、大きな力になっていきます。

みなさんが大人になった、その後も、オランウータンが絶滅することなく、地球で生き続けられるよう、力をかしてください。

それは、オランウータンがすむ豊かな熱帯雨林と、そこに住む、まだ名前もつけられていないような生き物たちをまもることにもつながるはずです。

 

(久世濃子 著「オランウータンに会いたい」(あかね書房)より抜粋」

 

 

 

いかがでしたでしょうか。。。

確かにこういった認証マークがついた商品は高いかもしれない。

私自身も、今までは安いことを優先していました。

でも本を読んで、こういった製品を選ぶことが、オランウータンが住む熱帯雨林や、地球を守ることに繋がるんだと、すごく理解できました。

大切な子供たちの未来を守るためにも、未来へつなぐアクション、私も早速始めたいと思います!

 

 

 

全館で「Think GREEN」を開催。

 

今、松坂屋名古屋店では、全館で地球の明日を考えるイベント、Think GREEN」を開催。

環境に配慮した素材をつかった商品や、リメイクして長く使い続ける技などを紹介しています。

上質でエシカルなアイテムに触れることで、自然に、環境に、地球に想いを巡らせてみませんか。

 

 

 

Think GREEN
自然のこと、環境のこと、地球のあしたのこと
わたしが繋ぐ、未来。

5月19日(水)→6月24日(木)/全館

 

画像

 

 

 

 

 

ショップ情報

ショップ名

松坂屋スタッフが見つけた!PICK UP SDGs

フロア
TEL
052-251-1111
営業時間
松坂屋名古屋店の営業時間に準じます
カテゴリー
その他

RECOMMEND BLOG