2020.09.29

#012 オルガン広場の天井を見上げてみる

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

#012 オルガン広場の天井を見上げてみる

大きなパイプオルガンが目印の「オルガン広場」は、松坂屋南館の中庭的存在。

 

高さ16mの吹き抜けは開放的で、 大きな窓からは気持ち良い日光が差し込みます。

 

画像

 

その天井には、大きな牡丹の花にも似た幾何学模様が!

 

画像

 


これは、ミケランジェロがデザインした、 ローマのカンピドリオ広場の意匠を模したと言われています。


ミケランジェロといえば、「ダビデ像」などの彫刻や「 最後の審判」などの絵画で有名な、 イタリアのルネサンス期の芸術家として有名ですが、 建築の分野でも、サン・ ピエトロ大聖堂のデザインなど偉大な功績を残しています。

 

カンピドリオ広場は、ローマの中心部にあるローマの七丘の中でもっとも高い、カンピドリオという丘の上にある広場。

 

石段のある坂道を登っていくと、頂上に広場があり、この天井と同じ形の模様が地面に広がっているそうです。

 

カンピドリオ広場に隣接する建物の屋上から、この広場の幾何学模様が見渡せるそうですが、オルガン広場の「下から見上げる」天井と、カンピドリオ広場の「上から見下ろす」地面の模様が似ているだなんて、 なんだか面白いですよね。

 

夜になると、この幾何学模様がよりくっきりと見えてオススメですよ。

 

画像

 

画像

 

南館にお立ち寄りの際は、ぜひチェックしてみてください!

ショップ情報

ショップ名

松坂屋名古屋店でやりたい100のコト

フロア
営業時間
松坂屋名古屋店の営業時間に準じます
カテゴリー
その他

RECOMMEND BLOG