B1F
食品
2021.09.16

ブログ初投稿です(^^♪百姓菓子処藤栄よろしくお願いいたします。

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

ブログ初投稿です(^^♪百姓菓子処藤栄よろしくお願いいたします。

2021年9月16日

初めまして、当ショップ(百姓菓子処藤栄)のブログ担当させていただきます。

田んぼ作業が大好きな、米米米と書きましてコメミツと申します。

初めての投稿という事で、簡単に弊社のご案内をさせていただきます。

 

会社名 農業生産法人 有限会社グリーン藤栄

ショップ名 百姓菓子処藤栄

 

会社名の由来ですが、私たちの会社と圃場は滋賀県高島市安曇川町四津川にございます。

小字名で藤江区(フジエ)と呼ばれています。農業というのは、地域の土地や田んぼを使用し商いを行っています。

土地があっての米農家です。農業を通じて日頃お世話になっている、藤江を栄えさせていきたいとの思いから、江戸の江を栄に変え、藤栄と命名されました。農業を通じて藤江が栄えると書いてグリーン藤栄(とうえい)です。

 

そんなグリーン藤栄ですが、設立は昭和53年です。しばらくは兼業農家として、地場産業の織物業の傍ら、農業を商いとしておりました。農業法人としては、1997年に織物業を廃業し、農業一筋となり現在に至ります。

私たちの特徴をご説明すると、お米の生産(1次産業)加工食品の製造(2次産業)販売小売り(3次産業)の三つの産業を一社で行っています。このような農家の取組の事を今では、1+2+3=6次産業と呼ばれています。

6次産業を行っていて、良いところは、今こうしてブログを更新しているように、お客様と直接つながりを持てる事が、やりがいを凄く感じるところです。この仕事、良いなぁ~っていつも思ってます(^^)

 

弊社の一番人気商品はお米ではありません。一番人気は近江高島よもぎ大福餅です。

その大福を作るのにも、お米(滋賀羽二重もち米)の栽培から行っています。

お米は本州では1年に1回収穫できます。春に田植え、夏に成育、秋に収穫、冬に土作り、簡単に言えばこのようなサイクルです。一年かけて育んだお米で毎日、大福を製造しています。大福として完成するまでの間、全て私たちが携わっています。それはもう愛着しかありません。そんな大福を買っていただいたお客様から美味しかったよと直接、言ってもらえるのは幸せな事です。

この仕事してて良かったぁ~と感じる瞬間です。

 

簡単ではありますが、以上で自社紹介とさせていただきます。

今後はおすすめの商品や、旬の食材、たまに農作業など随時ブログを更新していきます。

 

 

 

ショップ情報

ショップ名

グリーン藤栄

フロア
B1F
営業時間
大丸京都店の営業時間に準じます。
カテゴリー
食品

RECOMMEND BLOG