B1F
食品/カフェ・レストラン・イートイン
2021.04.28

【ごちパラ うまいもんご紹介「江戸時代から愛される関東のくず餅」】

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

【ごちパラ うまいもんご紹介「江戸時代から愛される関東のくず餅」】

はじめまして! 催事担当のごちそうパラ夫です。
私は普段、食品催事を担当していますが、
催事情報だけにとらわれず、ごちパラフロアの色々な
美味しい物や知られざる隠れた逸品、マイナーな商品など、
超個人的な好みで自由気ままに!? ご紹介していきますww

 

今回ご紹介する商品は・・・

 

本来4月28日から7階催事場で開催するはずだった「全国美味逸品味めぐり」に出店予定でしたが、
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため開催中止となりました。
そこで急遽・・

4月28日(水)から5月4日(火・祝)までの【ごちパラ うまいもん処】に登場の
【船橋屋】「元祖くず餅(くずもち)」
東京・亀戸天神の側で文化二年(1805年)から店を構え、創業以来、変わらぬ
製法を守り続ける「関東風くず餅」の老舗です。

 

※4月28日の全国美味一品用に撮影した「くず餅&あんみつ」の紹介動画も

ございますので、こちらもご覧ください。

こちらをクリック→■■タハラダちゃんねる■■(You Tube動画)

 

画像

〈元祖くず餅〉

(1箱24切)税込790円

 

「くず餅」というと我々関西人は、葛粉などで作った夏場によく食べられる
「葛餅」「葛まんじゅう」などを想像しがちですが、製法が全く異なります。
グルテンを取り除いた小麦澱粉を450 日もの間、じっくりと乳酸菌発酵させ、
その粉を蒸し上げて作られます。そうして作られたくず餅は、乳白色の色味で、
ほのかな香りとさわやかな酸味、独特のぷりんとした、しなやかで切れのいい
食感が特徴で、サラリとした黒蜜と、きめ細やかなきな粉との相性も抜群!
近年、日本古来の発酵食品としても注目されています。

 

また、その他ごちそうパラ夫の「超おススメ」として

画像

※この2枚は私が先日船橋屋さんの本店にお伺いして撮影したものです。

画像
〈あんみつ〉

1個(みつ1本付) 税込480円
も紹介させていただきます。

 

こちらは、塩茹でした赤えんどう豆とあんこ、くず餅、寒天、みかんなどの具材と
黒みつとのバランスがとても秀逸! くず餅と人気を2分する定番商品です!

 

是非とも皆様、この機会に一度お試しください!!

また、中止になった4月28日の全国美味一品用に撮影した「くず餅&あんみつ」の

紹介動画もございますので、こちらもご覧ください。

ショップ情報

ショップ名

ごちパラ INFO

フロア
B1F
営業時間
大丸京都店の営業時間に準じます。
カテゴリー
食品/カフェ・レストラン・イートイン

RECOMMEND BLOG