2022.10.07

ストリートアートの軌跡

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

ストリートアートの軌跡

8階に「gallery TOART(トアート)」がオープンいたしました!!

 

「アートへ」を意味する"TO ART"と、旧居留地・神戸を感じる「トアロード」の"トアの響き"から命名した「gallery TOART」アートをより身近に感じられる、明るく居心地のいいギャラリーには、幅広い年代を通して人気が高まる、現代アートのラインアップが続々登場。

 

オープン企画は、10月5日(水)⇒11日(火)『ストリートアートの軌跡』を開催しております。

 

1970代、NYで始まったストリートアート。80年代、90年代、現代に至るまでの軌跡としてアーティストの作品をご紹介いたします。

 

画像

Nick walker「Aquasitions」

Spray and stencil on canvas 2022

 

◆Nick walker(ニック ウォーカー)◆ 1969年生まれ。イギリス出身の世界で最も有名なストリートアーティストの一人です。彼の作品は常に進化しており、革新的でモダン、そして示唆に富んでいます。

 

 

画像

DOLK「Mushroom Girl」

Spray/Acrylic on canvas

2014 1/1

 

 

◆DOLK(ドルク)◆ 1979年ノルウェー出身のストリートアーティスト。世界各国のストリートアートファンに絶大な人気があります。

 

 

 

画像

◆NOT BANKSY(ノット バンクシー)◆ イギリス生まれのアーティスト。

 

一見 BANKSYを思わせるような作風... 元々ノットバンクシーは商品としてではなく、自身のギャラリーでの展示用にバンクシーのコピー作品を作成したものが思わぬ反響を呼び、賛否両論ある中で「NOT BANKSY」と名乗る事で低価格でも真のアートを広げるチャンスと考え販売に至りました。

 

 

 

画像

◆Jamie Reid(ジェイミー・ リード)

イギリスのグラフィックデザイナー。セックス・ピストルズなどのビジュアルデザインを手掛けました。彼のパワフルな政治的アートプリントは、著名なコレクターから支持を得ています。

 

 

アートをより身近に感じられる「gallery TOART(トアート)」で、新しいアートの出会いがありますように!皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

会期:開催中⇒11日(火) ※最終日は17時閉場

 

会場:8階 gallery TOART(トアート)

 

営業時間 10時~19時

ショップ情報

ショップ名

ギャラリー トアート

フロア
8F
カテゴリー
その他

RECOMMEND BLOG