7F
その他
2022.08.10

輪島塗漆芸 三人展

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

輪島塗漆芸 三人展

~うるしの地、輪島に於て時代を牽引する~ 輪島塗漆芸 三人展

 

漆芸の地、輪島に於てご活躍されている、田崎昭一郎田中貴司角康二の三作家による漆芸展を開催いたします。常に斬新なアイデアで作品を生み出してきた蒔絵(まきえ)・沈金(ちんきん)技法の競演と三作家の個性溢れる作品をお楽しみ下さい !

 

蒔絵(まきえ)・・・漆器に漆で絵を描き、その上に金銀粉等を蒔いて仕上げます。

沈金(ちんきん)・・・ノミで漆面に文様を彫り、その溝に金銀箔や色粉を埋めこみます。

 

画像

 田崎 昭一郎「熱帯魚」税込 495,000円

 

 

■田崎 昭一郎(師:一后一兆)【蒔絵】

 1931年 輪島市生まれ

 1996年 紫綬褒章受賞

 石川県立輪島漆芸研修所 講師 25年間 勤務

 日展 5回入選 / 石川現代美術展 16回入選 / 日本伝統工芸展 25回入選 / 石川の伝統工芸展 25回入選

 日本伝統漆芸展 17回入選 他多数

 

 日本工芸会 正会員 重要無形文化財輪島塗技術保存会 副会長

 

 

 

 

画像

 田中 貴司「ひとやすみ」税込 220,000円

 

 

■田中 貴司(師:一后一兆)【蒔絵】

 1951年 輪島市生まれ

 1974年 多摩美術大学デザイン科卒業

 1980年 石川県立輪島漆芸技術研修所蒔絵科 卒業

 1981年 日展初入選 以降 日本現代工芸美術展 等で多数の入賞

 2020年 輪島市文化功労賞 受賞

 

 日展準会員 現代工芸美術家協会本会員 輪島塗技術保存会会員

 

 

 

画像

 角 康二「葡萄」税込 528,000円

 

 

 

■角 康二(師:三谷吾一)【沈金】

 1956年 輪島市生まれ

 1978年 石川県立輪島漆芸技術研修所沈金科 卒業

 1980年 日展初入選 以降 日本現代工芸美術展 等で多数の入賞

 

 日展会員 日本現代工芸美術家協会 評議員 石川県美術文化協会 常任評議員

 

 

 

1977年に国の【重要無形文化財】に指定された輪島塗。百工程以上もの卓越した分業の技により、豊かな表現力と、美しい光沢をもった輪島塗ができあがります。その中の加飾部門での蒔絵(まきえ)・沈金(ちんきん)

技法の見事な漆芸の世界をお楽しみ下さい。

 

 

 

 

会期:8月10日(水)~16日(火)

   ※最終日は17時閉場

 

会場:7階 美術画廊

営業時間 11時~20時

 

【営業時間のお知らせ】9月1日(木)より、3階~9階:10時~19時

ショップ情報

ショップ名

美術

フロア
7F
カテゴリー
その他

RECOMMEND BLOG