7F
和装・和装小物/その他
2022.06.23

よみがえった古代布がシンプルきものにぴったりデザインに♪

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

よみがえった古代布がシンプルきものにぴったりデザインに♪

日本の中でも、有数の絹織物産地・丹後

 

土地に流れる水、気候、そして新しいものづくりに貪欲な人々によって

今でも多様な織物が全国に届けられています。

 

そんな丹後で、一時は途絶えたと思われていた「古代布」とも言われる藤布を

まもり続けている織元が〈遊絲舎〉です。

 

画像

険しい山へ藤の蔓を刈りに行き、幾多の工程を経て繊維にしていきます。

絹のように細く長い繊維を作るのは容易ではなく、

裂いた繊維を繋いでいくのも手間がかかるのです。

 

画像

袋帯 税込396,000円

 

上質の絹と藤糸を打ち込んだ袋帯は驚くほどしなやかで

結びやすい帯に仕上がっています。

 

画像

袋帯 各税込396,000円

 

画像

藤布の素朴な表情がところどころに覗く袋帯はリバーシブルでも楽しめます。

 

画像

なごや帯 税込330,000円

 

より藤の繊維を多く使用したなごや帯はざっくりとしながらも

軽く涼やかな帯に。

 

シンプルだからこそ素材の表情を生きて、きもの姿を引き立ててくれる藤布の帯。

 

ぜひこの機会に、その手触り、締め心地を体感してみてはいかがですか?

 

 

7階中央イベントスペース

丹後の匠展

藤布 遊絲舎

2022年6月22日(水)~2022年6月28日(火)

各日11時~20時(最終日は17時まで)

ショップ情報

ショップ名

7階イベントスペース

フロア
7F
カテゴリー
和装・和装小物/その他

RECOMMEND BLOG