6F
紳士服・洋品
2022.06.23

紳士靴大好き。ロートルスタッフのひとりごとvol.5【超希少!靴売場の歴史も垣間見えるスペイン靴】

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

紳士靴大好き。ロートルスタッフのひとりごとvol.5【超希少!靴売場の歴史も垣間見えるスペイン靴】

紳士靴の魅力にはまって約30年。ロートルスタッフのブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は(も?)長く愛用しております靴と、その流れを脈々と受け継いだインポートシューズをご紹介させていただきます。

この靴は阪神大震災より3年ほど前に、まだ私が紳士靴売場に異動してはじめて購入した想い出のある靴です。また、弊社の紳士靴売場にとっても非常に意味深い靴です。

 

画像

バイヤーが直接ヨーロッパまで足を運んで商品を選んで仕入れをはじめた頃のものです。

 

こちらは【ピコリノス】というスペインの靴です。

【ピコリノス】は革素材のなめし方に拘り、タンナー(革なめしの専門業者)に任せずに自社でなめした革のみを使用している極稀なブランドです。

そのため、毛穴が残るヌメ革に近い仕上げで30年以上経っても靴クリームがしっかり浸透し、しなやかでつやも美しい靴です。

画像

 

近年ではメッシュの靴も少なくなり、この様に凝った編み込まれている靴はあまり見かけなくなりました。

 

この靴を履くときは、ベルトも同じくスペイン製の【LAYVA】を合わせています。

画像

 

こちらも手間のかかった魚のうろこの様に革を重ねたヌメ革のベルトです。

画像

 

靴とベルトは色や雰囲気を合わせるコーディネイトがおすすめです。

 

今回ご紹介した【ピコリノス】は、現在直仕入れではなくなりましたが紳士靴売場でご用意がございます。

今も拘りをもって革本来の良さを最大限に生かした革を使用し進化し続けています。

お手入れ次第で艶としなやかさを保ち素晴らしいエイジングを見せてくれる靴です。※現在、スペイン製と中国製がございます。

画像

ぜひ一度【ピコリノス】をご覧にお越しくださいませ。

 

今回も話が長くなりましたが、ロートルスタッフのひとり言にお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

過去のブログはこちら・・・

vol.4

vol.3

vol.2

vol.1

 

 

 

ショップ情報

ショップ名

紳士靴

フロア
6F
カテゴリー
紳士服・洋品

RECOMMEND BLOG