その他
2021.03.31

【旧居留地のナゾ⑲】トアロードの「トア」って何?

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

【旧居留地のナゾ⑲】トアロードの「トア」って何?

大丸神戸店の玄関の名前にもなっている「トアロード」

三宮神社のあたりから北側にのびる道の通称です。

 

画像

 

明治初期にこの道路が作られたときは「三宮筋」と呼ばれていました。

ちなみに、現在の正式名称は「東亜筋線」です

ご存知でしたか?

 

画像


カタカナでなんとなく異国情緒が漂う名前ですが

トアロードの「トア」とは一体何なのでしょうか?

 

この由来には諸説あり定かではないようですが、もっとも有力な説は

1908年に建てられた「トアホテル」にちなんでいるというものです!

 

画像

トアホテル外観(絵葉書資料館蔵)

 


トアホテルは、イギリス・ドイツ・アメリカ・フランスの共同出資で

1908年にトアロードの北端に建てられ、戦前の神戸を代表するホテルでした。

 

居留地からトアホテルに続く道として

「TOR ROAD」と呼ばれるようになった・・・という説です。

 

赤い瓦の尖塔が特徴的な立派な建物。

10分ほどで駅や港、旧居留地に至る便利な立地にありながら

山と海にはさまれ、リゾートホテルの趣も。

かつてはこんなホテルが存在していたのですね。

 

そもそも、トアホテルの「トア」とはどういう意味なのか?

という疑問についても、諸説あるようです。

気になった方は調べてみてくださいね♪

 

 

◆参考

田井玲子『外国人居留地と神戸 神戸開港150周年によせて』神戸新聞総合出版センター、2013年

先崎 仁『 意外と知らない兵庫県の歴史を読み解く! 兵庫「地理・地名・地図」の謎』実業之日本社、2014年

 

ショップ情報

ショップ名

大丸神戸店

フロア
カテゴリー
その他

RECOMMEND BLOG