その他
2021.03.31

【旧居留地のナゾ⑦】ガス灯に込められた想い

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

【旧居留地のナゾ⑦】ガス灯に込められた想い

旧居留地の街並みと相まってレトロな雰囲気を演出しているガス灯

このガス灯には、大丸神戸店の想いが詰まっています。

 

1995年1月17日、阪神・淡路大震災では

大丸神戸店も建物が半壊し、一時休業を余儀なくされました。


2年後の1997年3月2日、グランドオープンを迎えた新しい大丸神戸店は、

元町復興のシンボルとなり、元町全体の伝統ある街並みと景観を取り戻し、

この地域がさらに活性化してほしいという想いを込めてガス塔を設置しました。


今も大丸神戸店を囲んでいるガス灯は、

当時、以前と似たものを見つけ、発祥地であるイギリスから輸入したものです。

 

画像
当時の想いは神戸店復興のシンボルマークにも。

ガス灯のイラストと

THE LIGHTS NEVER GO OUT AT DAIMARU KOBE

(大丸神戸店の灯は永遠に!)

の文字が記されています。

 

今もなお、旧居留地の街で光を灯し続けています。

 

画像

ショップ情報

ショップ名

大丸神戸店

フロア
カテゴリー
その他

RECOMMEND BLOG