2021.02.03

アリスシリーズでお部屋を楽しく演出

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

アリスシリーズでお部屋を楽しく演出

アートステーションより、お部屋を楽しく演出してくれるオシャレなアート作品のご紹介です。

おうち時間が増えた今だからこそ、お部屋の模様替えをしてみませんか?

 

今回ご紹介するのは、蟹江杏さんによるジクレー版画。

不思議の国のアリスと鏡の国のアリスがモチーフとなったアリスシリーズです。

 

 

 

画像

蟹江杏「これじゃあ大きくなりすぎよ」

ジクレー版画 税込 38,060円

額装サイズ 約475×370mm

 

不思議なケーキを食べたアリスの体はみるみる大きくなり、部屋から出られなくなる。

泣き出したアリスの大粒の涙で池ができてしまいます。

手に持っているのは扉の鍵。

鍵は版画の上からパーツを貼っており、コラージュ作品としても楽しめます。

 

 

 

画像

蟹江杏「3月ウサギ」

キャンバスジクレー版画 税込22,000円

額装サイズ 約303×242mm

 

物語の冒頭で出てくる、服を着た人間の言葉をしゃべる白ウサギ。

アリスを不思議の国へと誘います。

 

 

 

画像

蟹江杏「謎だらけの本」

キャンバスジクレー版画 税込22,000円

額装サイズ 約242×303mm

 

不思議の国のアリスの続編、鏡の国のアリスより。

鏡の国の本は、鏡にかざして文字を反転させなければ読めません。

 

 

物語がモチーフとなっているので、いろんな部屋に飾ってトータルコーディネートをするのも素敵ですね。

アリスシリーズでおうち時間も楽しくハッピーに過ごしましょう。

 

 

 

【作家略歴 蟹江杏】

 

東京生まれ。版画家。自由の森学園卒。「NPO法人3.11こども文庫」理事長。ロンドンにて版画を学ぶ。

新宿区、練馬区、日野市をはじめ各地の都市型アートイベントにおいて、こどもアートプログラムのプロデュースやコーディネートを手がける。

アートワークショップなど、全国の子どもたちとアートをつなぐ活動を行なっている。

東日本大震災以降は、「NPO法人3.11こども文庫」理事長として、被災地の子ども達に絵本や画材を届ける活動や、福島県相馬市に絵本専門の文庫「にじ文庫」を設立するとともに、同市の「LVMHこどもアートメゾン」(モエヘネシー・ルイヴィトン・グループ提供)でのアートワークショップをプロデュース。

文部科学省復興支援事業としてのコーディネーターをつとめている。

またBMWジャパンのエコカーのキャンペーンカーやJTA(日本トランスオーシャン航空)のイリオモテヤマネコ・デカール展など、企業とのコラボレーションも多数手がけている。

美術館、百貨店なでの個展・企画展開催多数。

ショップ情報

ショップ名

アートステーション

フロア
7F
カテゴリー
その他

RECOMMEND BLOG