その他
2021.02.15

【北海道展】開催まであと1日!〈市川燻製屋本舗〉

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

【北海道展】開催まであと1日!〈市川燻製屋本舗〉

こんにちは!
”北のグルメハンター” 本田大助のアシスタントの原です。

 

いよいよ明日2月16日から開催の「北海道展」から、

〈市川燻製屋本舗〉をご紹介します!

〈市川燻製屋本舗〉のイチオシ

 

画像
〈市川燻製屋本舗〉蝦夷鹿肉のアイヌロハス・スモーク

(40g)税込1,350円


★スモークの匠・市川さんの燻製のこだわり
札幌の隣町・岩見沢。
ここでヒゲモジャの優しい「スモークの匠」 市川さんがお仕事しています。

 

画像

 

市川さんが創業から追求するのは、
「塩辛くない・硬くない・煙たくない」
という従来の燻製作りの発想とは真逆の製品

スモークづくりの基本にしていることは
■1つ:厳選した原料
■2つ:それぞれを活かす味付け
■3つ:スモークチップ選び
■最後:本当に美味しいか?

素材により燻製前の調理法を変え、

燻煙が強くないエンジュ・タモ・ナラ等、素材の風味を損なわない北海道のチップを使用。

素材によって全て燻製時間を変えることで生み出されるスモークは贅沢の極みです。

 

画像

 

★スモークの匠✕アイヌの伝統で生まれた、こだわりの蝦夷鹿スモーク
「アイヌ民族の知人を通じ、食べたエゾシカ肉の燻製が忘れられない」と、

知人に言われたことをきっかけに商品化を決意したこの商品。
アイヌの長老に伝統のスモーク法を教わり、市川さんご自身のノウハウと融合させた渾身の一作


製法の特徴は
昆布を調味液に使うことで食材の旨味を引き出す。
北海道のワインに漬けることで、筋肉質な鹿肉を柔らかくする。
そして、使う鹿肉は、北海道の深い森を駆け巡る、新鮮な蝦夷鹿モモ肉。

こうして、鹿肉の野趣溢れる風味を活かした、古代のロマンを味わえるスモークが完成しました!
お家飲みにもぴったりな一品です。

他にも、一つ一つこだわって作られた約15種類以上の燻製を取り揃えています。

 

画像

 

個人的には、玉ねぎの燻製が好きです!!


グルメハンター本田’s POINT!
画像
神戸から北海道に移住して初めて食べて、その味に感動したのが鹿肉のステーキ。

市川さんの燻製は、その人柄と似て風味が優しく上品な味わいが特徴なのですが、

今回の鹿肉の燻製も、ハンターさんが捕獲して丁寧に処理したものを、

北海道の食材を使ってじっくりと仕上げていただきました。

ジビエならではの肉々しい食感と、赤身肉の旨味を堪能していただければ、と思います。

 


ぜひこの機会にお試しください!

 

 

北海道展は、

■2月16日(火)→3月1日(月) ※最終日は18時閉場

■9階 イベントホール

詳しくはこちらもご覧ください!

 

 

※本催事および当ブログは、北海道駐在バイヤー本田大助の企画によるものです。

ショップ情報

ショップ名

大丸神戸店

フロア
カテゴリー
その他

RECOMMEND BLOG