2020.11.19

【じぶん贅沢】アートのある暮らし

  • SHARE
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

【じぶん贅沢】アートのある暮らし

アートのある暮らしに憧れてはいるけれど、どんなものを選んだらいいのかわからない。

洋服や髪型ではいつもオシャレを楽しんでいるけれど、インテリアは日々の暮らしの中で優先順位が低くなってしまうという方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方に、アートステーションがお勧めするとっておきの作品をご紹介します。

自分へのご褒美として、暮らしにアートを取り入れてみませんか?

 

 

画像

 

ゴヴィンダー・ナズラン 「Tomar el sol」

税込 131,670円(額装含)

ジクレー版画  額装サイズ 925×720mm

 

ネコがモチーフとなった作品。

右上の太陽と左上、左下の四角の部分は金色の箔が貼ってあり、コラージュされています。

落ち着いた色ですが、独特の画風が味わい深く魅力的です。

 

 

 

画像

 

ゴヴィンダー・ナズラン 「Spilit Walker」

税込 95,040円(額装含)

ジクレー版画  額装サイズ 435×1060mm

 

こちらもネコがモチーフとなっています。

一見、黒いネコ1匹のように見えるのですが、実は全部で4匹描かれています。

隠し絵の要素を取り入れたユニークな作品。

 

 

 

画像

 

ジョアン・アイザック 「Hotel Plaza Bouquet」

税込 171,050円(額装含)

ジクレー版画  額装サイズ 1140×760mm

 

この壮大なブーケはニューヨークにあるプラザホテルのロビーに飾られていたもの。

花器のブルーに合わせてブーケ全体もブルーで表現され、繊細な画風だがインパクトの強い作品。  

 

 

 

画像

 

ジョアン・アイザック 「The Garden」

税込 99,330円(額装含)

ジクレー版画  額装サイズ 380×820mm

 

 

タイトル通り、庭のお花を作品にしたもの。

お花が大好きなアイザックさんが丹精こめて育てた花々は格式ばっておらず、とてもナチュラルな魅力があります。

こちらも全体がモスグリーンで表現されており、繊細かつ優しい色がステキな作品。

 

 

今回はインテリアにお勧めの2作家をご紹介しましたが、他にもいろんな作風のものを取り揃えております。

ぜひ、売場にお立ち寄りいただき、お気に入りの1枚を見つけてみてください。

 

 

【ゴヴィンダー・ナズラン】

1964年、イギリスバーミンガムに生まれる。

プラドフォード美術大学(イギリス)にてグラフィックデザインを学び、リンカン美術大学(イギリス)にてイラストレーションを専攻し、学位を取得。

2004年、イギリスで最も栄誉のある「The Best-Selling Publishd Artist 2004」を受賞。

イギリス及びヨーロッパでその人気を不動のものとする。

2008年12月逝去。

 

 

【ジョアン・アイザック】

アメリカ出身の銅版画家。

芸術一家に育ち、Parsons school of artとYale scool of fine artに学ぶ。

イメージの制作から銅版の彫り、プリントまで全工程を一人で行っており伝統的な技法を守り伝える姿は作品の魅力の一つとなっている。

1983年ユニセフカードに5つの花の作品が選ばれ、ユニセフのニューヨークオフィスやパリの大使館などのアメリカ各地、ヨーロッパ各地で展覧会が行われた。

親日家としても知られ、日本では10年以上にわたり各地で展覧会・サイン会を開催。

引退表明後の2014年~15年の来日展では多くのファンが集まり、その人気を不動のものとした。

2017年11月永眠。

ショップ情報

ショップ名

アートステーション

フロア
7F
カテゴリー
その他

RECOMMEND BLOG